advancedwebrankingAdvanced Web Rankingは2014年10月1日に、Googleウェブマスターツールの検索クエリレポートのデータから、Googleの自然検索結果における検索順位別のクリック率の調査結果を公表したと、SEMリサーチさんが伝えています。

Googleウェブマスターツールのデータ46万キーワードから解析

調査対象データは2014年7月のGoogleウェブマスターツールの検索クエリレポートで、5000サイト、計46万5,000キーワードの分析結果です。
なお、月間500インプレッション以下の検索クエリは除外されているそうです。

Googleは2014年10月時点では、検索を暗号化して検索リファラを相手先サイトに渡さない仕様であるため、Google Analyticsなどをはじめとした、各種アクセス解析ツールでは not providedとなってしまいます。
なので、本調査結果は、Googleウェブマスターツールに記録されたキーワード情報が正しいという前提です。

Google自然検索1位は31.24%

本調査結果は、検索クエリの種類や検索意図を考慮しない、一般的な検索クエリにおけるGoogle自然検索結果の検索順位別クリック率となります。

これはつまり、指名検索などの特定のサイトへ訪問することを目的とした検索や、情報を探したりするユーザーにみられる、検索結果の深くまで辿られる傾向のあるインフォメーショナルクエリ等、色々なタイプの検索全てを含めたデータと言うことです。

結果としては、一般的に認知されているように検索結果1位が31.24%と最も高く、2位が14.04%、3位が9.85%、4位が6.97%、5位が5.50%となり、6位から10位が3.73%となりました。

awr-desktop-google-ctr-2014

また、モバイル検索では1位のクリック率がデスクトップと比べて少し下がりますが、検索結果の2ページ目と3ページ目まで見ている傾向があります。

awr-mobile-google-ctr-2014

Advanced Web Rankingが公開したレポートには、他にも様々なデータが掲載されています。

この記事では、一般的なクリック率として紹介させて頂きましたが、実際のクリック率はサイトの認知度や検索の目的、検索結果の画面レイアウトなど、様々な要因によりクリック率は変化します。

あくまで参考データとしてですが、SEMやマーケティングの材料として是非活用してみて下さい。。

参考:The impact of blended search results on organic CTR in 2014
参考:SEMリサーチ

All rights reserved cocorograph Inc.