ウェブマーケティングや販売促進において、今やSEO対策は欠かせないものとして認知をされていますが、そもそもSEOとはどういうものなのでしょうか。
まず初めに、SEOの概要と現状、SEO施策をするためには必ず知っておきたい検索エンジンのしくみ、そしてこれまでに行なわれてきた様々なSEO施策等、SEOの全体像について理解しておきましょう。

この記事のPOINT

  • SEOはウェブサイトの目的(コンバージョン)を達成するために行う
  • WebマーケティングにおいてSEOは欠かせない
  • SEOに裏技的な手法はない
  • SEOで成功するためには、ウェブサイトの本質的な改善が重要

SEO対策とは

SEO = Search Engine Optimization (サーチエンジンオプティマイゼーション)の略で、直訳すると、『検索エンジン最適化』です。
つまり、SEO対策とは、ウェブサイトに検索エンジン経由で集客を行うために、対象ウェブサイトの最適化を行うということです。

簡単にいうと、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから集客を増やして、コンバージョン(ウェブサイトの目的を達成すること)を最大化させるために、ウェブサイトの最適化を行うという、ウェブマーケティングの手法のことを言います。
一般的には、検索ユーザーは検索結果の上からクリックしていくため、検索結果の上位に表示されているサイトは、多くの集客ができます。ですので、狙ったキーワードでの上位表示を目標とすることをSEOと表現することが多いです。

SEO対策を行う目的

SEO対策の目的は、検索エンジンからの集客を増やし、ウェブサイトの目的を達成することにあります。
ウェブサイトによって、問い合わせの獲得・商品の販売・プロモーションなど、様々な目的がありますが、その目的を達成するために検索エンジンと上手に付き合う必要があります。
検索エンジンと上手に付き合うためには、検索結果からウェブサイトにやってくるユーザーのニーズを理解し、そのニーズにあったウェブサイト・コンテンツの構築を行うこと、その他マーケティングを行なって検索以外からやってくるユーザーにウェブサイトの認知をさせること、テクノロジーを駆使して、ユーザーが快適にウェブサイトを閲覧できるようにすることなど、様々な施策を通じて検索結果にウェブサイトの露出を行うことで、結果的に検索エンジンからの集客を増やすことの全てをSEO対策と言えるでしょう。

SEOがうまくいくと、直接的に集客のためのプロモーション費用を使うことがなくても、ある程度検索エンジン経由での集客を得ることが可能になることから、多くのウェブサイトでSEOは非常にコストパフォーマンスの高い施策であると言えると思います。

SEOの効果と重要性

最も効果があったと感じた施策(左:中小企業、右:大企業)

企業のマーケティング担当者350名に対して行われた、ソウルドアウト株式会社のアンケート調査(2015年1月時点)では、「マーケティング・販売促進施策の中で最も効果があったと感じた施策」の回答で、SEOが最も効果を感じた施策として、最大票を獲得しています。
この事実からも、ウェブマーケティングや販売促進において、SEOが欠かせない施策になっていることがわかると思います。
近年では、コンテンツマーケティングというマーケティング手法をよく耳にしますが、コンテンツマーケティングでも検索エンジンは重要な集客元となるため、SEOが非常に重要です。

複雑化した? SEOの今

検索エンジンは日々多くのユーザーが利用する重要な集客元であり、検索結果ページの上位に表示されるウェブサイトほど、より多くの流入ユーザーを獲得できます。そのため、ウェブサイトを検索エンジンに評価してもらうために、検索エンジンのしくみを理解し、仕組みに合わせた構築をするすることが欠かせません。
検索エンジンは、検索結果ページでのウェブサイトを検索結果に表示する順番を、「アルゴリズム」と呼ばれるプログラムを使用して、ほぼ人の手を介さず自動で制御しています。
つまり、皆さんのウェブサイトがそのアルゴリズムで上位に表示されるべき、良いウェブサイトであると認識させることができれば、成果が得られる可能性が高くなるということになります。
しかし、そう言った検索エンジンの特性を利用し、アルゴリズムのしくみの裏をかいて、低品質なWebサイトでも強引に上位に表示させようとする、「ブラックハットSEO」や「SEOスパム」などと呼ばれる手法が登場しました。
具体的には、「不必要にキーワードを詰め込む」「人の目には見えない隠しテキストを仕込む」「検索エンジンのロボットが来た時だけ表示されるページへ誘導するクローキング」「自作自演の外部リンク」といったものが挙げられます。
SEOの情報を探していたりする際、このようなアルゴリズムの特性を利用した、裏技的なテクニカルSEOの情報に触れることもあるでしょう。
以前はこうした裏技的なSEOが通用しており、検索エンジンとユーザを悩ませてきましたが、このような手法で検索結果が第三者の意図でコントロールされないように、検索エンジン側もさまざまな取り組みを行っています。
2011年に発表された、低品質のウェブサイトを上位に表示されにくくする「パンダアップデート」や、2012年に発表された、スパム行為などの不正のあるウェブサイトの表示順位を下げる「ペンギンアップデート」などがその代表と言えると思います。
実際に、同年にGoogleから登場したウェブサイト管理サービス「Googleウェブマスターツール(現在ではGoogleサーチコンソールに改名)」では、スパムに該当するようなブラックハット行為に対する、Googleからの警告が相次ぎ、多くのウェブサイトが検索順位を落とすというようなこともありました。

このように、検索エンジンはさまざまなブラックハット行為に対して、ウェブサイトに対してペナルティを課し、検索順位を落とすことによって、検索結果の秩序を保つよう日々活動を行なっているわけです。

ではなぜ、検索エンジンはこのようなブラックハット行為を取り締まるのでしょうか。
それは検索ユーザーのニーズにあったコンテンツを提供するために他なりません。
つまり、ブラックハット行為がSEOに有効であれば、主にウェブサイトから収益を得られる商用目的のウェブサイトが上位を占有してしまったり、テクニカルなSEOを知っている者だけが検索結果を独占してしまうことになってしまう可能性もあるため、ユーザーが本当に求めている情報が検索結果から見つからなくなってしまう恐れがあります。そうなれば、検索エンジンを使うユーザーは減ってしまうことでしょう。
裏を返せば、検索ユーザーのニーズに答えることができるウェブサイト・コンテンツを作ることができれば、検索エンジンに評価し続けてもらうことができる可能性が高まるということです。
つまり、今も昔も『検索ユーザーのニーズに答えることができるウェブサイト・コンテンツを作ること』がSEOの本質であると言うことができると思います。

まとめ

ここで、そもそもSEO対策とはどのようなものであるのか、今一度まとめておきます。
一般的には、「検索エンジンで特定のキーワードを検索した際に、検索結果ページでウェブサイトを上位に表示させるための対策」であるという認識が強いと思います。
しかし、SEOの本質はこれだけにとどまるものではなく、冒頭で解説したように、SEOとは「検索エンジン最適化」である。検索エンジンに最適化させることで、検索エンジン経由での集客を増やすということはもちろんですが、商品・サービスの購入や問い合わせなど、ウェブサイトの目標を意味する「コンバージョン」を達成し、成果を最大化することが最終的な目的のはずです。
検索結果ページでWebサイトを上位に表示させることは、あくまで目的に至るまでのプロセスでしかないわけなのです。
つまり本来、SEO対策というべきものは、検索結果ページでの上位表示のみを目的とせず、ウェブサイト自体に本質的な最適化を行うことであり、単純にどのキーワードでどれだけ高い表示順位を獲得できているかという点だけではなく、検索エンジン経由でのユーザー流入数やコンバージョン件数はどれだけで、成果がどれだけなのかという点も含めて考えなければならないということですね。
ウェブサイトで展開しているビジネスやその目的と深く関わりながら施策を行わなければ、本質的にSEOでの成功は望めないということなのです。