JetPackのオプションで有効にできるmarkdownや、パブリサイズ共有は、標準ではカスタム投稿で使用することができません。 function.phpに記述を追加することで有効化することが可能ですので、その方法を紹介します。 今回カスタム投稿で対応するオプションは下記2点です。 全てのカスタム投稿で有効にする方法と、カスタム投稿タイプ毎に対応する方法の2パターンがあります。 状況に合わせてお好きな方で対応してください。

全てのカスタム投稿で有効にする方法

wpcom-markdown がマークダウンで publicize がパブリサイズ共有。
function.php
<?php
add_action( 'init', 'my_custom_init' );
function my_custom_init() {

    $args = array(
        'public'   => true,
        '_builtin' => false
    );
    $output = 'names'; // names or objects, note names is the default
    $operator = 'and'; // 'and' or 'or'

    $post_types = get_post_types( $args, $output, $operator ); 

    foreach ( $post_types  as $post_type ) {
        add_post_type_support( $post_type, array( 'publicize', 'wpcom-markdown' ) );
    }
}

カスタム投稿タイプ毎に対応する方法

カスタム投稿作成時に記述してください。 wpcom-markdown がマークダウンで publicize がパブリサイズ共有。
function.php
<?php
// Register Custom Post Type
function my_custom_post_type() {
    $labels = array(
        'name'                => _x( 'Products', 'Post Type General Name', 'text_domain' ),
    );
    $args = array(
        'label'               => __( 'product', 'text_domain' ),
        'supports'            => array( 'title', 'editor', 'publicize', 'wpcom-markdown' ),
    );
    register_post_type( 'product', $args );

}
add_action( 'init', 'my_custom_post_type', 0 );
これで、カスタム投稿でもmarkdownが使えるようになりました。 投稿が捗ります。
中村 一浩

中村 一浩

株式会社ココログラフ代表。SEO歴10年。 ガジェットをこよなく愛するウェブマーケッター。